何度失敗しても転んでも

著者:reproud

何度失敗しても転んでも

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

リハビリテーション体育士が
伝えることの1つ

それは

失敗しない、転ばない方法
ではなく

『何度失敗しても転んでも、
立ち上がるマインドと方法』
です。

あなたは自転車に乗れますか?
「まだ乗れない」という人も
いらっしゃるかもしれませんが、

「乗れるよ」という人も
最初からうまくできたわけでは
ないと思います。

何度も転びながら練習したのでは
ないでしょうか?

うまく乗れるようになってからも
1度や2度は転んだ経験も
あるはず。

(私も調子に乗っていろんな所で
転びました…)

でも、

これを読んでいるあたなは
転んだままではなく、

「立ち上がろう」と意識的
もしくは無意識的に思って
立ち上がったことでしょう。

大怪我をしない転び方をする
(これも重要)ことが前提
ではありますが、

転んでも立ち上がり、
自転車を起こす方法と技術
を知っていれば、
また自転車に乗れるわけです。

今回は自転車を例にしましたが、
動作だけでなく、精神的なこと
でも同様です。

失敗しない人はいません。

失敗から立ち上がるマインドと
立ち上がる方法を
身につけているかどうかです。

自分一人でそれを学習できれば
いいですが、
なかなか一人で身につけるのは
難しいものです。

だから、先生選びは大事です。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

著者について

reproud administrator