7.他職種との連携

リハビリテーション関連職の連携を、自動車の運転免許取得に例えてみます。

自動車の免許を取るとき、教習所に通った方が多いと思います。その時のことを思い出してみてください。

同じ運転でも教習所内を運転する時と公道を運転する時とでは感覚が違ったはずです。教習所内は環境が整っているため運転に集中しやすいですが、公道では多くの人が歩き、様々な方向から自動車や自転車、人が動いています。また狭い道やデコボコ道、雪道もあります。

どんなことでもそうでしょうが、基礎となる技術を身につけたらそれで日常をすごせるかというと、決してそうとは言えないでしょう。自分の周りから情報を収集して瞬時に分析し、的確な行動をとれるようになるには、総合的・応用的な練習も必要になってきます。

私たちリハビリテーション体育士は理学療法・作業療法・言語聴覚療法、柔道整復術などによって獲得した能力をさらに統合・発展させ、社会生活や余暇活動で自ら判断して行動できるように支援します

< 関連職種との連携の例え >
rs_ex2

 

< 通所・入居施設での連携例 >
rs_ex1

 

→ ⑧リハビリテーション体育の実践例

>> 目次へ戻る