できることが増えると、自分から動きたくなる

著者:reproud

できることが増えると、自分から動きたくなる

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

脚の力だけでは思うように移動できず、両腕に杖を持って歩く練習をし始めたK君。
月に1〜2回訪問指導に伺ってますが、家の中で杖を使って移動できるようになってきました。

できなかったことができるようになるには大きく分けて3つあります。

1:他者や道具の力を借りる
2:今ある能力でやり方を変えてみる
3:心身機能をあげる

K君の場合、これまで1番目の比率が大きかったのですが、遊びなどを通して2番目と3番目の比率へシフトさせてきました。

その一例が自宅ソファーでの立ち座り。

2ヶ月前まではソファーに座るには親御さんの介助がないと難しい状況でした。しかし、ちょっと身体の向きや移動方向を変えるだけで一人で座れるようになったり、片方の杖を使ってソファーから立ち上がり、もう片方の杖を自分でもって歩けるようになったりしました。これは2番目にあたります。

今日は片手杖で立った状態でバトミントンの羽を投げたり、思い切りボールを叩く遊びをしました。

最初は立っているだけでよろめくこともありましたが、夢中でボールを叩いているうちに長い時間片手杖で立っていられるようになりました。前回までは「腕が疲れる」と言っていたのですが、今回は「脚が疲れる」と腕にあまり頼らなったようです。これは3番目にあたります。

自分で『うまくできるようになった』という認識があるのでしょう。K君は「今度はこっちの手でやるね」「こっちをもう一回」と自分から次のことをやりだすようになりました。

できることが増えると意欲が増し、さらに動きたくなります。それを見ている家族まで笑顔に。

こういった場面が私たちの次の力になっているのは言うまでもありません。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

著者について

reproud administrator