月別アーカイブ 10月 2018

著者:reproud

高齢になっても障害があっても旅行はできる

高齢の方からよく聞く話に
「若い頃は◯◯へ行ったのよ」
という旅行の思い出があります。

国内だけでなく海外を含めて。

ただ、年を重ねて
足腰が弱くなってきたり
長時間の乗り物移動に不安が
出てきたりすると

「もう遠出するのはちょっとね…」
と躊躇しがちに。

こういった思いは
高齢者だけでなく障害がある方
にもあるかもしれません。

ただ、体力や障害に合わせて
移動方法やスケジュールを組んだり、
資格をもったヘルパーさんが道中
付き添ってくれたりするのであれば
いかがでしょうか?

「そんなサービスあるの?」
と思う方がいらっしゃるかも
しれませんが、

実は意外と身近にあります。

仙台にも『旅日記』という会社
があって、泊りの旅行だけでなく
日常の外出もサポートしています。

今回、その『旅日記』さんが
こういったサービスがあることを
実際に体験して知ってもらおうと
日帰りバスツアーを企画しました。

出発地は“仙台市の南光台”
という場所なので
その地域の方や出発地に集合
できる方が対象となりますが、

モニターとしての参加になるので
バス代や施設利用料はかかりません。

そのかわりアンケートへの協力や
写真撮影、公表に同意いただく
ことが参加条件となりますが、

・足腰が弱ってきたので
 旅行に不安があった
・車いすを使っているので
 バスに乗っての移動は大変

と思っている方が家族や知人に
いらっしゃって、外出のいい機会
になるかもと思いましたら

「こんな企画があるみたいよ」
と話してみてください。

当日は私も同行しますので、

体力低下に関する悩みや
身体の動かし方、
「実はこんなことしてみたい」
という想いがありましたら
申込用紙に書いてください。

当日の道中や昼食後などに
おこたえできればと思います。

バスの乗車人数もありますので、
行ってみたいと思う方は
今すぐお申し込みください。