肢体不自由のみならず、視覚、聴覚、内部、知的、精神など様々な障害のある方や体力の低い方を対象として、運動やスポーツの特性等を用いて、身体的・精神的・社会的リハビリテーションの連動促進をサポートします。   

① リハビリテーション体育とは?

② リハビリテーション体育が必要な背景

③ リハビリテーションは「権利の回復」

④ 体育って運動することじゃないの?

⑤ リハビリテーション体育士の特徴

⑥ リハビリテーション体育の考え方

⑦ 他職種との連携

⑧ リハビリテーション体育の実践例

⑨ リハビリテーション体育士の養成

 

→ 日々の活動記はこちら