6.リハビリテーション体育の考え方

人間のパフォーマンス(行動)は体力・技能・精神力・環境が融合して出現しますが、そのバランスに偏りがあるとよいパフォーマンスを発揮することは難しくなります。

例えば、いくら筋力があっても技能がなければ動けませんし、やる気がなければ動こうともしないでしょう。また、せっかくよい技能を持っていても、それを支える筋力や持久力が乏しければその能力も半減してしまいます。

関節可動域を改善するプログラムや筋力を向上させるプログラムを組むのも、あるパフォーマンスを引き出すための一手段です。環境を調整したり、使用する道具をアレンジしたり、対話を繰り返すのもまた手段です。

リハビリテーション体育士は「病気や障害があっても、元気でいたい」という人の触媒となり、『障害者=病人・弱者』というイメージを崩します

※触媒とは:化学反応の際に、それ自身は変化せず、他の物質の反応速度に影響する働きをする物質。

rsimage05

→ ⑦他職種との連携

>>目次へ戻る