カテゴリーアーカイブ 情報提供

著者:reproud

福島県の相馬市で話します

福島県の相馬支援学校から
依頼をいただき、

発達障害のある子どもに対する
アダプテッド・スポーツ
について話すことになりました。

時間は2時間。
 
打ち合わせをする前に
『明日から取り入れられる
 具体的実践例』
というサブテーマで案内された
ようなので、実技も入れます (^^;

このタイトルが出てくるということは
学校等で実際どうするか悩んでいる
方は多いのかもしれません。

今回は

・そもそもアダプテッド・スポーツ
 とはなんなのか?
・アダプテッド・スポーツの
 具体的な考え方
・発達障害がある子どもの特徴と
 運動・スポーツについて
・特性を考慮した実技

という構成で話したいと思います。

相馬地方にお住まいで教育や福祉
に関わっている皆さん、

7/26は木曜日と平日ではありますが
予定が合えばぜひ起こしください。

著者:reproud

【情報提供】地域型スポーツクラブにおける障害者スポーツの意義と解決できる社会課題

2018年3月4日(日)の午後、仙台で

『地域型スポーツクラブにおける
障害者スポーツの意義と
解決できる社会課題』

というセミナーが開催されます。

リハビリテーションスポーツに
健康保険が適用されているドイツ
から講師がいらっしゃいますので、
貴重な機会となります。

私はその日時山形市で勉強会を
開催するので参加できませんが、

運動・スポーツ指導、リハビリ
に関わっている方は面白い話が
聞けると思いますので、
ぜひ参加してみてください。

 https://peatix.com/event/347848

著者:reproud

あなたは若手ですか?

1月・2月と障がいがある方の
スポーツ支援に関する研修を
担当します。
 
1月の中級障がい者スポーツ指導員
の養成講習はすでに申し込みが
締め切られていますが、
 
2月4日(日)に担当する
東北ブロックの若手向け
障がい者スポーツ指導者研修会
はまだ申し込みが可能です。
 
“若手”と聞くと
 
「あ〜、この年齢だとダメかな…」
と思う方がいらっしゃるかも
しれませんが、
続きを読む

著者:reproud

9月23日、国リハで待ってます

「国リハ?どこですか?」
こう思う人が多いかもしれません。

ただ、医療・福祉・リハビリ・
障害者スポーツに関わっている
方の中には、ビクンと反応した
人もいらしゃるでしょう。

国リハとは、埼玉県所沢市にある
国立障害者リハビリテーション
センターです。

車いすバスケの漫画『リアル』
にもモデルとして出ている場所。

その国リハで、9月23日(土)と
24日(日)に学会が開催されます。

どんな人達が集まるかというと

障害のある方や高齢の方などに
スポーツを通したリハビリや
介護予防、社会参加などを
促進している指導者や

大学や専門学校などでそれに
関連した研究を行っている
方々です。

「ん〜〜〜、研究発表ですか、
 堅苦しいのは好きでないです」

そう感じる人がいるかもしれませんが、
今回はそれだけではないのです。

まず1つ目。

2020年に東京でオリンピックと
パラリンピックが開催されることは
ご存知かと思います。

その影響もあって、昨今は
障害があってもできるスポーツ
の話題を、様々なところで
見聞きすることでしょう。

ただ、障害のある方が
スポーツとどのように接点を
もつのか、

現在に至るまで、日本の
リハビリテーションスポーツが
どのように変わってきたかを
知っている人は少ないかもしれません。

今回はこの内容を含む基調講演と
シンポジウムが企画されています。

そして、2つ目。

実際に障害があってもできる
スポーツを体験しながら学べる
セミナーが盛り込まれています。

しかも、1種類ではありません。
全部で4種類。

これに参加するだけでも
4つのスポーツを持ち帰り、
次の日から使えるのです。

基調講演とシンポジウムがあり、
研究発表や実践報告があり、
さらに体験型スポーツセミナー
まである2日間。

この盛りだくさんの内容に、

会員になっている人は4000円、
会員でない人でも6000円
という料金で参加できます。

ただ、お得な情報が。
8月31日までに申し込めば
この参加費から1000円引き
になります。

つまり、会員は3000円、
一般の方でも5000円で
2日間参加できてしまうのです。

さらにさらに、

なんと学生さんは【無料】です。
もう1度言いますね、
学生さんは【2日間無料】です。

もしあなたが学生であれば、
学会というものが
どんな雰囲気なのか知る
チャンスにもなります。

「発表はこんなふうに
 すればいいのか」
とイメージできれば、

よし今度は自分も登壇する!
と意欲も湧いてくるでしょう。

発足から35年経つ歴史ある学会ですが、
決して堅苦しい会ではありません。
だから、9月23日に先生や友達と一緒に
国リハへいらっしゃってください。

大会の日程と参加申込書は
下のURLから手に入ります。
  ↓
https://sites.google.com/view/jars2017/

facebookページで確認したい方はこちら
→ https://goo.gl/fhfJXv

※多くの方にこの情報を届けたい
 と思っています。
 この投稿をシェアをいただけると
 嬉しいです。

著者:reproud

【情報提供:イベント】申し込み締切は2日後! いず☆ちゅう健幸祭

11月12日(土)、仙台市泉区泉中央
にある仙台市健康増進センターにて
毎年恒例の『いずちゅう健幸祭』が
開催されます。

このイベントは、子ども、大人
障害の有無に関わらず

「健康でありたい」

と願う方々が集まるイベントです。

「11月12日まで、まだ時間があるから
 スケジュールを確認してゆっくり
 考えよう」

と思っている方は注意してください。

このイベントには申し込みが必要な
プログラムもあります
しかも、その申し込み期限は
10月27日(木)と2日後です

この記事を書いている時点での
事前受付中のプログラムは
下のとおりです。

・健康づくり講演会「運動継続の心理学」
 ~運動を続けるためのヒント~」
・元気サポーター講座
・シナプソロジー
・ロコモ体操
・ロディヨガ
・リストラティブヨガ&シンギングボウル
・みんなで楽しもう子ども遊び教室

申し込み定員はチラシで確認できます。

ただ、この記事を読んでいる間にも
定員に達してしまう可能性もあります。

気になるプログラムがあったら、
まずは電話して席を確保することを
オススメします。

日時:平成28年11月12日(土)
   10:00~16:00

会場:仙台市健康増進センター
   仙台市障害者総合支援センター

電話:仙台市健康増進センター
   022-374-6661

   仙台市障害者総合支援センター
   022-771-6511

   
  ⇒チラシ表(PDF)  ⇒チラシ裏(PDF)