著者アーカイブ reproud

著者:reproud

研修を次の場で活かす

東北ブロック若手障がい者スポーツ指導者研修会に参加された皆さん、観測史上最強クラスの寒波が来ているなかご参加いただき、ありがとうございました。
 
今回は天井の高い体育館で開催したため、「この寒さで大丈夫だろうか?」と心配になるところもありましたが、いざ実技が始まったら「暑い…」と上着を脱ぐ方がでるほど盛り上がっていました。
 
参加された方からいただいたアンケートでも
・思っていた以上に楽しかった
・やってみるとできそうだと思った
・初めて会った人とでも楽しい時間を過ごせた
・もっとルールを覚えたい
 
などたくさんの ”楽しかった” という声をいただきましたが、
 
東北ブロック障がい者スポーツ指導者協議会の副会長が閉会のあいさつで語った「私がバレーボールをできるとは思ってなかった。実に楽しかった。」という言葉に、今回の研修のあり方が表われていたと感じました。
 
障がい者スポーツは、障がいのある方がするスポーツというより、『障害があってもなくてもほぼ同じ条件でできるスポーツ』というほうが合っていると思います。
 
今回の研修はそれが体感でき、なおかつ複数人でチームを組んでできるスポーツを選択し、
 
そのスポーツを通して、競技する側と指導・サポートする側の立場をちょっと意識して参加し、”知る”から”分かる”へステップアップすることを目的としました。
 
「団体競技の楽しさの中で、思っていたより技術的な難しさや身体のどこを使っているか気づくことができました。」
とアンケートに書いていた方もいて、ねらいが伝わったと感じた次第です。
 
夢中で参加している時は、”競技する側の楽しさ”を感じることが多かったかもしれませんが、後から振り返って、講師の方々がどのような順番で練習を組み、どんな言葉どんな身振り手振りで指導・サポートしていたか振り返っていただければと思います。
 
そして、一番最後に実は…と伝えた『研修のつくり方』
 
今回と似た形で企画すれば、あなたの地元でも研修会や体験会を開催でき、地域内の連携も築いていけます。仮に今回参加した方一人一人が小さく体験会を開催すれば、東北地方に50ヶ所近くの障がい者スポーツの場が”出現”します。
 
上級指導員の資格をもっている方は、「私たちもマネしていきたいと思います」とコメントをくださいました。
 
今回は若手向けの研修だったので、「まだ自分には研修や体験会を企画するのは難しい…」と思う方が多かったかもしれませんが、「こんなスポーツをして楽しかった」と誰かに伝えるだけでもOKです。
 
『障がい者スポーツをする場が少ない』という声がある東北地方に、1つずつ種を蒔いていきましょう。
 
「今度こんな研修会を開催するんです」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ当方にも教えてくださいね。

著者:reproud

年末年始 事務所休業日のお知らせ

早いもので本年も年末のご連絡を
させていただく時期となりました。

年末年始の事務所休業日は下の通りです。

1229()16()

郵送物等の確認は17()以降
となりますが、電話とメールは
14()よりお受け致します。

何卒ご了承くださいますよう
お願い申し上げます。

著者:reproud

高齢になっても障害があっても旅行はできる

高齢の方からよく聞く話に
「若い頃は◯◯へ行ったのよ」
という旅行の思い出があります。

国内だけでなく海外を含めて。

ただ、年を重ねて
足腰が弱くなってきたり
長時間の乗り物移動に不安が
出てきたりすると

「もう遠出するのはちょっとね…」
と躊躇しがちに。

こういった思いは
高齢者だけでなく障害がある方
にもあるかもしれません。

ただ、体力や障害に合わせて
移動方法やスケジュールを組んだり、
資格をもったヘルパーさんが道中
付き添ってくれたりするのであれば
いかがでしょうか?

「そんなサービスあるの?」
と思う方がいらっしゃるかも
しれませんが、

実は意外と身近にあります。

仙台にも『旅日記』という会社
があって、泊りの旅行だけでなく
日常の外出もサポートしています。

今回、その『旅日記』さんが
こういったサービスがあることを
実際に体験して知ってもらおうと
日帰りバスツアーを企画しました。

出発地は“仙台市の南光台”
という場所なので
その地域の方や出発地に集合
できる方が対象となりますが、

モニターとしての参加になるので
バス代や施設利用料はかかりません。

そのかわりアンケートへの協力や
写真撮影、公表に同意いただく
ことが参加条件となりますが、

・足腰が弱ってきたので
 旅行に不安があった
・車いすを使っているので
 バスに乗っての移動は大変

と思っている方が家族や知人に
いらっしゃって、外出のいい機会
になるかもと思いましたら

「こんな企画があるみたいよ」
と話してみてください。

当日は私も同行しますので、

体力低下に関する悩みや
身体の動かし方、
「実はこんなことしてみたい」
という想いがありましたら
申込用紙に書いてください。

当日の道中や昼食後などに
おこたえできればと思います。

バスの乗車人数もありますので、
行ってみたいと思う方は
今すぐお申し込みください。

著者:reproud

障がい者スポーツフォーラムで登壇します

平成30年10月27日(土)
ホテル法華クラブ仙台にて
宮城県障害者スポーツ協会の
設立30周年記念イベント

障がい者スポーツフォーラム
が開催されます。

今回のテーマは
『身近な地域における
 障がいの有無を超えた
 多彩なスポーツの可能性』
なのですが、

そのパネリストとして
登壇することになりました。

当日は、まず当方が行っている
取り組みを紹介し、

その後で他のパネリストさんや
会場のみなさんと一緒に
一人一人の生活圏で
スポーツに取り組んでいくには
どのようなことが必要か

障害の有無を超えて
スポーツをする意義は何なのか

などを話せればと思います。

10月27日(土)の14:30から
ホテル法華クラブ仙台にて
開催されますので、
ぜひいらっしゃってください。

入場は無料で、
申込締切は10月20日(土)です。
 
詳細はこちら
https://miyagisuishin.zenpuku.or.jp/info/detail?id=10388

著者:reproud

セミナー参加者の声とお礼の手紙が届きました

先日福島県で担当したセミナー
アダプテッド・スポーツの講義と実例
のアンケート結果とお礼の手紙が
届きました。

支援学校の生徒さんが作っている
手漉きの和紙で。
 
※実際の手紙は一番下にあります
 
様々な声がありましたが、
参加した方々自身が楽しめたことは
大事なことだと思います。

自分が楽しくないことは
他の人にもすすめづらいですから。

他にも興味深い声がありました。

●障がい児・健常児という差がなく
 楽しめる運動ばかりだった。
 日々、ストレスがたまっている
 子どもたちがより楽しく運動できる
 と思った。

●スポーツとつなぐ運動についてわかった。

●自分の実践に活かすことができる
 と実感できる講演だった。

●楽しめたスポーツだった。
 自分の実践でも取り入れたいと思った。

●大変楽しい時間だった。
 誰にでもできるルールの中で
 仲間と工夫しながら勝利を目指す
 ことは素晴らしい体験だと思った。
 また、スポーツを実行する際の留意点
 「環境づくりの①~③」は実際に我々が
 働く際にも大切なことだと強く感じた。

●子どもたちとかかわる者として、
 様々なイメージ(子どもの特性)について
 個々の対応を考えられた。

●理論と実践が入っていて理解が深まった。
 また、実技では本気で楽しむことができた。

最近は、発達障害のある子や
障害の認定は受けていないけど
体を動かすことが苦手な子がいて

「その子たちも楽しめる運動を
 どう提示したらよいかわからない」

という声をよく耳にします。

もし他の地域でも困っているところ
がありましたら、お役に立てるかも
しれませんのでお声がけください。

セミナー等のお問い合わせはこちら
http://r-taiiku.reproud.com/?page_id=174